一定期間更新がないため広告を表示しています

JUGEMテーマ:猫セミナー

JUGEMテーマ:猫と暮らす

 

 

 

これからお猫様を迎えいれようと飼考えている人にぜひ知って頂きたいことと、迎え入れるにあたっての注意点など、生まれてからずっと猫と暮らしてきた私なりに書き綴っていこうと思います。

 

 


 

 

【 迎え入れる前に 】​

お猫さまはとても可愛いです。でも、可愛いだけでは飼えません。

迎え入れるには、物はもちろん 心の準備も大切です。

  

猫の寿命は、大体10年〜15年くらいです。中には20歳まで生きた猫もいます。

“最期の時まできちんと面倒を見れること”を前提として飼っていただきたいです。

『子猫のときは可愛かったけど・・・』とか『思ってたのと違う』なんていう人間の都合で、捨てられてしまう運命を辿ってほしくないです。(猫に限らずどんなペットにも通ずることですが・・・)

 

 

  

〔必要なもの〕まずは下記の物を準備しましょう。猫が生活する上で最低限必要なものです。

 

●キャットフード(月齢によってはミルクや離乳食)

カリカリ系とウェット系があるので、好みなどが分からない場合は両方とも用意すると◎

フードボウルも準備しましょう。高さのあるタイプだとご飯を飲み込みやすいのでオススメです。

 

↓ちなみに我が家のフードボウルは楽天でコレを買いました↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫壱 脚付フードボウル 猫柄(1コ入)【猫壱】
価格:1008円(税込、送料別) (2019/6/14時点)

 

 

 

 

●猫用トイレ及びトイレ砂

まずはスタンダードな形状でスタンダードな砂を準備しましょう。

もし、元々別のところで飼われていて猫ちゃんが好きな形状のトイレや砂があるなら、

出来るだけ同じものを準備してあげてください。

 

●つめとぎ

数百円〜数千円するものまであります。平置きタイプ・変わった形のもの・壁に沿わせて立てかける形状のものなど色々とありますので、お好きなものをご準備してください。

 

〔場合によっては必要なもの〕

●ゲージ

先住ペットがいる場合は準備しておきましょう。急な環境の変化にすぐに溶け込める猫も居れば、そうじゃない子もいます。変化した環境に馴れてもらうためにも事前に準備しておくと◎です。

 

 

〔気をつけるべきポイント〕

●部屋を片付ける

まずは、部屋を片付けましょう。壊れやすいものや猫が誤飲してしまいそうなものを猫の手に届かないようにしておくと良いです。このとき、部屋に飾ってある観葉植物なども片付けてください。猫が食べてしまうと体調不良や中毒を起こしたりする危険性があります。

 

●電気コードなどのカバーをする

猫は色んなものをおもちゃにして遊びます。電気のコードも例外ではありません。こちらも猫の手が届かないようしてり、カバーをすると尚良いと思います。普段使わないコンセントの穴があるならこちらにもカバーなどをつけておくと良いです。念には念を入れて気をつけるに越したことはないです。

 

 

 

 


 

 

 

〔のちのち準備すると良いもの〕

●猫のおもちゃ

定番の猫じゃらしやネズミ型のおもちゃ、ボール、ケリぐるみなど多種多様にあるので迷うと思いますが・・・。まずは定番の猫じゃらし系が無難です。他のおもちゃと違って飼い主さんが持って遊べるので、猫ちゃんとのコミュニケーションもとりやすいです。中には遊ばない子もいるので、最初は値段の張らないものを買うことをオススメします。

 

●キャットタワー

猫は高いところが大好きです。自由に昇り降りのできるキャットタワーがあると猫ちゃんにとってとても良い運動になります。必要性を感じるのであれば準備すると良いかと思います。

 

↓オススメのキャットタワー。ちなみに送料無料です☆↓

 

 

 

 

●首輪

猫ちゃんがより可愛くなるアイテムといえばコレですね。鈴がついているタイプだと音がするので、家の中のどこに居るかが分かりやすくて便利です。ベルトタイプより安全装置のついたタイプ(セーフティバックル:力が加わると外れるバックルがついたもの)をオススメしてます。目を離したときや不在時に首輪が引っかかり、首つり状態になるのを防いでくれます。

 

 

 

その他、状況に応じて必要なものがあれば随時準備してください。

他のサイトなども見ておいたり、他の飼い主さんに聞いたりするといいと思います(^^)

 

 

 

 

 

コメント
コメントする